ホーム > 製品一覧 > アイビーキャッチャー > アイビーキャッチャーBK

エアシャワー用粘着シート 「アイビーキャッチャーBK」 

エアシャワー内の埃、繊維くずを見逃していませんか?


(新しいウィンドウが開きます)
「なぜ、黒色?」の疑問にお答えします。〜開発の背景。
もっとも歩留まりに影響するダストが繊維くずという業界が増えています。

シーズシーでは、以前よりエアシャワー内に取付ける吸着シート「IVYキャッチャー30」を販売しておりますが、最近のお問い合わせを頂くお客様の業種が少し変わってきました。
販売当初は、髪の毛を吸着させることを使用目的とする食品関係がほとんどでしたが、最近の傾向として、半導体関係、液晶関係、塗装関係、フィルム加工関係等ユーザーからのお問い合わせが増え、サンプル提供後ほとんどのお客様より採用を頂いております。

1番の評価として「繊維クズ」が大量に吸着しているというご回答でした。大きさ的には「目に見える大きさ〜数μm」程度でしょうか。*

そこで、サンプルを取って見ると意外な事実が浮かび上がってきました。
*アイビーキャッチャーBKでは目に見える大きさのゴミのみの確認となります。

白バックでは、見えていなかったゴミが大量にある!

下記の3枚の写真は実際の工場で白のアイビーキャッチャーを貼っていただき入手したサンプルです。全く同じ構図で撮影しています。@が通常に見える状態。しかし、ここで紫外線のみを発射するブラックライトを当てると今度はAの写真のように多くのゴミが白く浮かび上がってきます。驚いたことにこのゴミの位置はよく見ると、通常の灯りで見えるゴミの位置と一致しないのです。数多くのまったく別のゴミが目に見えずに存在していたのです!
Bでは@Aの2枚写真を合成しました。見比べてみてください。
※マッピングのために糸を張っています。
@通常の灯りで見たところ Aブラックライトで照射 B2つの写真を合成
実は白いゴミの正体は家庭で洗濯した繊維のくずでした。

家庭用の洗剤の多くには蛍光剤が入っているので、その繊維くずはブラックライトを当てると蛍光色に光るのです。逆に光らないのはスーツ、セーターなど通常の洗濯で洗わないものの繊維くずやほこりなどです。そして、その発塵源は家庭で洗濯したものを着用している人=クリーンルームに入室する作業者に他なりません。
※他にもコピー紙の紙粉も蛍光剤が入っているようです。

※参考ページ 蛍光剤について(お洗濯の総合サイト)
そこで、アイビーキャッチャーBKは黒色

ブラックライトを使うとより分かりやすいのですが、周囲を真っ暗にしなければ、見ることができません。そこで、一般照明下でも、より繊維くずをわかりやすくするために、アイビーキャッチャーの表面を「黒色」にしました。このことにより、白い従来品では確認できなかった「繊維くず」を目視確認できるようになりました。色以外の仕様は従来のアイビーキャッチャーと変わりません。

一般照明でのBKに付着したゴミ ブラックライト照射 2つを重ねてみました。
□まとめ

アイビーキャッチャーBKで確認できる「繊維くず」のほとんどの発生源はズバリ作業者です。クリーンウェアを着用していても様々な原因により気中に発塵しているようです。

これをいかに効率的に除去できるかで更なるクリーン化の向上、最終的には品質・歩留りの向上に繋がっていくのではないかとシーズシーでは考えています。

写真はイメージ
※参考ページ エアシャワーの除塵効果

アイビーキャッチャーメインページに戻る(白色=アイビーキャッチャー30の紹介があります)

特許申請済み
品 名 サイズ 入り数 カラー
IVYキャッチャーBK(穴有り)品番 9320B 290×290
150φ穴有り
50シート/箱
IVYキャッチャーBK(穴無し)品番 9310B 290×290
穴無し
50シート/箱
お問い合わせは下記のでお選びください。
お見積依頼・購入  仕様のご質問
お見積依頼・ご購入希望の方はメルマガ登録をお勧めします。
※ご登録いただくとメルマガ会員様向けの特別価格でお見積させていただきます。 

シーズシー有限会社
お問い合わせは info@csc-biz.com
電話 078−252−7201/FAX 078−252−7210まで